復縁しても同じことの繰り返しなはなぜ?理由と解決策を解説

本ページにはプロモーションが含まれています
復縁しても同じことの繰り返しなはなぜ?理由と解決策を解説

「恋人と別れたばかりだけど復縁したい」

「すぐに復縁しても同じことを繰り返して失敗する」

恋人を分かれても、まだ気持ちが残っている状態が続き、復縁したいと考えること多いですよね。多くの方は、恋人と別れてから復縁したいという気持ちが残っているケースがほとんどです。

そのため、復縁したけどまた同じことを繰り返してしまい、再び悲しい気持ちになる方が多いです。

本記事では、復縁しても同じことを繰り返す理由と解決策を解説していきます。どうしても復縁したい相手がいる方は、最後まで読んで実現させてください。

ざっくりまとめると…
  • 復縁しても同じことを繰り返してしまう理由
  • 別れた後は1~3か月程度距離を置く期間を設けよう
  • 復縁したいなら相手がどのような状態かを話し合って判断する必要がある
  • マリッシュ真剣に交際を求めている方が多いマッチングアプリ
  • 200万人以上登録者がいるマリッシュで理想の相手を見つけよう
マリッシュ
  • 運営会社:株式会社マリッシュ
  • 再婚に強いマッチングアプリ
  • 再婚希望者への優遇制度あり
  • 真剣な出会いを望む人が多い
  • 利用者層は20〜50代と幅広い
  • 3ヶ月以内に成婚している実績多数
  • 身バレ防止機能あり
会員数年齢層目的
300万人以上20代〜50代真剣な交際や婚活
月額料金
男性:3,400円/月〜  女性:無料
\再婚にも強いマッチングアプリ/
目次

復縁しても同じことを繰り返す理由

復縁しても同じことを繰り返す理由

復縁しても同じことを繰り返す理由は、大きく分けて以下の5つが挙げられます。

別れた原因が解決していない

「別れた原因が解決していない」は、復縁しても同じことを繰り返す理由の中で、最も大きな原因と言えます。

別れた原因には、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  • 性格や価値観の違い
  • 生活スタイルの違い
  • 浮気や暴力などの問題

性格や価値観の違いは、すぐに解決できる問題ではありません。しかし、お互いに歩み寄ろうとする努力をすることで、解決できる可能性はあります。

生活スタイルの違いも、すぐに解決できる問題ではありません。しかし、お互いの生活スタイルを尊重し合うことで、解決できる可能性があります。

浮気や暴力などの問題は、根本的な問題であり、すぐに解決することは難しいでしょう。しかし、相手が問題を自覚し、改善する努力をしてくれるのであれば、復縁してもうまくいく可能性があります。

別れた原因が解決されていない場合、復縁しても同じ問題が起こる可能性が高いため、注意が必要です。

別れてから距離を置いていない

別れてすぐに復縁を迫ったり、連絡を取り合ったりすると、お互いの感情が冷めないまま復縁してしまう可能性があります。

別れてから距離を置く期間は、人によって異なります。一般的には、1~3ヶ月程度が目安と言われています。しかし、別れた原因やお互いの状況によって、適切な期間は異なります。

例えば、浮気や暴力など、根本的な問題がある場合は、より長い期間距離を置く必要があります。また、お互いに未練が強い場合は、あまり長い期間距離を置きすぎると、相手への気持ちが冷めてしまう可能性があります。

そのため、まずは自分自身で、どのくらいの期間距離を置けばよいのかを判断してみましょう。そして、相手と話し合って、お互いが納得できる期間を決めることが大切です。

他に良いと感じる人がいない

復縁を望む理由のひとつに、「ほかに良いと感じる人がいない」というものがあります。

この場合、別れた相手に対する未練や、過去の恋愛の良い思い出にとらわれている可能性があります。また、自分自身が恋愛に自信が持てず、新しい恋愛に踏み出せないという場合もあります。

別れた原因が解決されていない場合、復縁してもまた同じ問題が起こる可能性が高いです。そのため、まずは別れた原因を解決し、お互いが納得できる関係を築くことが大切です。

また、復縁したとしても、同じ問題が起こらないのか、冷静に考えてみましょう。もし、同じ問題が起こる可能性が高い場合は、復縁しても意味がないかもしれません。

「ほかに良いと感じる人がいない」という理由で復縁を望む場合、まずは自分自身を見つめ直し、復縁するかどうかを慎重に判断することが大切です。

相手に依存してしまっている

相手に依存してしまっている場合、復縁しても同じことを繰り返す可能性が高くなります

相手に依存している状態とは、自分の幸せを相手に依存している状態です。相手がいなければ、自分は生きていけない、幸せになれないと感じています。

このような状態になると、相手に嫌われたくない、捨てられたくないという気持ちが強くなり、相手に合わせたり、相手に尽くしたりするようになってしまいます。

そのため、相手が自分をコントロールしやすくなり、また同じ問題が起こる可能性があります。

相手に依存せず、対等な関係で付き合えるかどうか、冷静に判断しましょう。

相手に依存してしまっている場合は、復縁を考える前に、まずは自分自身を見つめ直すことが大切です。

感情的に行動してしまっている

復縁しても同じことを繰り返す理由の1つとして、「感情的に行動してしまっている」が挙げられます。

別れたことへの未練や、復縁したいという気持ちから、感情的になり、冷静な話し合いができなくなってしまうのです。

例えば、別れた原因が浮気や暴力など、根本的な問題である場合、感情的に怒り、相手を責めてしまうことがあります。

また、価値観の違いや生活スタイルの違いなど、すぐには解決できない問題でも、感情的になり、相手と衝突してしまうことがあります。

感情をコントロールする練習方法

感情をコントロールする練習としては、深呼吸や瞑想などが挙げられます。

また、別れた原因を冷静に分析するためには、友人や家族に話を聞いてもらうのも効果的です。

復縁するかどうかを冷静に判断するためには、復縁した後の自分や相手のことをよく考えてみましょう。

復縁したいという気持ちは、誰にでもあるものです。しかし、感情的に行動してしまうと、復縁の可能性が低下してしまいます。

感情をコントロールし、冷静に話し合いをすることで、復縁の可能性を高めることができるでしょう。

復縁しても同じことを繰り返さないための方法

復縁しても同じことを繰り返さないための方法

復縁しても同じことを繰り返さないためには、まず、別れた原因を解決することが重要です。

また、相手が変わる期待は持たず、相手が自分のために変わってくれるかどうかは、冷静に判断するようにしましょう。さらに、依存関係を断ち切るためにも、自分自身を成長させ、自立することが大切です。

具体的な解決策としては、以下のような方法が挙げられます。

別れた原因を話し合い、解決策を探す

復縁しても同じことを繰り返さないためには、まず、別れた原因を解決することが重要です。

そのためには、別れた原因を話し合い、お互いが納得できる解決策を探す必要があります。

別れたことへの未練や、復縁したいという気持ちから、感情的になってしまうと、冷静な話し合いができず、また同じ問題が起こる可能性があります。そのため、感情的にならず、冷静に話すことが大切です。

また、自分の主張ばかりを押し付けるのではなく、相手の立場も理解するようにしましょう。相手の立場を理解することで、お互いが納得できる解決策を探しやすくなります。

一方的に自分の主張を押し付けるのではなく、お互いが納得できる解決策を探しましょう。お互いが納得できる解決策を見つけることができれば、復縁後も同じ問題が起こる可能性を減らすことができます。

別れた原因を話し合い、お互いが納得できる解決策を探すことができれば、復縁しても同じことを繰り返すリスクを減らすことができます。

相手に変わってもらうのではなく、自分が変わる努力をする

復縁しても同じことを繰り返さないためには、相手に変わってもらうのではなく、自分が変わる努力をすることが大切です。

なぜなら、相手が変わってくれるかどうかは、本人次第であり、期待通りに変わってくれるとは限らないからです。

また、相手が変わったとしても、自分が変わっていないと、また同じ問題が起こる可能性があります。

例えば、相手が浮気や暴力をする原因が、自分への愛情不足や承認欲求である場合、相手が変わってくれることを期待するのではなく、自分自身をもっと愛し、承認欲求を満たす方法を見つける必要があります。

また、価値観の違いが原因で別れた場合も、相手が変わってくれることを期待するのではなく、自分自身の価値観を見つめ直し、相手と歩み寄る努力をする必要があります。

自分が変わる努力をするためには、まず、別れた原因を冷静に分析し、自分自身に原因がある部分を見つけることが大切です。

自分が変わる努力をすることで、自分自身を成長させ、より良い人間になることができます。そして、自分が変わることで、相手も変わる可能性が高まります。

また、自分が変わることで、復縁できなかったとしても、次の恋愛でも幸せになれる可能性が高まります。

そのため、復縁しても同じことを繰り返さないためには、自分が変わる努力をすることが大切です。

自分の価値観や生き方について、見つめ直す

自分の価値観や生き方について、見つめ直すことは、復縁しても同じことを繰り返さないために、とても大切なことです。

自分の価値観とは、自分にとって何が大切なのか、何を幸せだと思うのか、といった考え方や基準のことです。自分の生き方とは、自分はどう生きたいのか、どのような人生を歩みたいのか、といった生き方に対する考え方です。

これらの価値観や生き方が、別れた原因に関係している場合、復縁しても同じ問題が起こる可能性が高いです。そのため、まずは自分の価値観や生き方について、しっかりと見つめ直すことが大切です。

新しい趣味や習い事を始めるなど、自分を成長させる


新しい趣味や習い事を始めることは、復縁しても同じことを繰り返さないための有効な方法の一つです。

新しい趣味や習い事を始めることで、今まで知らなかった世界や価値観に触れることができます。これにより、視野が広がり、新たな考え方や価値観を持つことができるようになります。

また、新しいスキルや知識を身につけることで自分磨きができ、自信を持つことができるようになります。

同じ趣味や習い事を持つ人と出会うことができます。これにより、新しい人間関係を築くことができ、視野が広がるきっかけにもなります。

復縁を望む場合、相手に依存するのではなく、自分自身を成長させることが大切です。新しい趣味や習い事を始めることで、自分自身を成長させ、より魅力的な人になることができるでしょう。

復縁するためには時間をかけてゆっくりと話し合おう

復縁するためには時間をかけてゆっくりと話し合おう

復縁するためには、時間をかけてゆっくりと話し合うことが大切です。

別れてからすぐに復縁を迫ったり、連絡を取り合ったりすると、お互いの感情が冷めないまま復縁してしまい、また同じ問題が起こる可能性があります。

そのため、まずは別れた原因を話し合い、お互いの気持ちを理解するようにしましょう。そして、復縁するかどうかは、時間をかけてゆっくりと話し合うことが大切です。

復縁したいという気持ちは、誰にでもあるものです。しかし、復縁しても同じことを繰り返さないためには、自分自身を見つめ直し、相手と冷静に話し合うことが大切です。

ただし、復縁できても上手く関係が続かずに、再度別れてしまうケースもあります。何度も同じことを繰り返すのではなく、新し相手を探すために新しことに挑戦するのも選択肢の1つとして覚えておきましょう。

この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1600年生まれの恋するさむらい。
20歳にちぎりを交わしていた彼女を上流階級の武士に取られていとかなしき。
悔しき思いを晴らすべく、衣服・ちょんまげヘアセット・奥ゆかしき女性の気持ちを学び申す。
400年経った今、7人の奥様と過ごせるようになった秘訣を教ふ。

コメント

コメントする

目次