人を好きになれないのはめんどくさいのが原因?相手を見つけて幸せになるコツを解説

本ページにはプロモーションが含まれています
人を好きになれないのはめんどくさいのが原因?相手を見つけて幸せになるコツを解説

恋愛をすることは多くの人にとって幸せな体験ですが、中には人を好きになれないという方もいます。

そんな人たちの中には、「めんどくさい」と感じている人もいるようです。

一体何が原因で、どのように解決すれば相手を見つけて幸せになれるのでしょうか。

本記事では、人を好きになれない理由や幸せになるコツなどを解説します。

れんあいざむらい

記事を最後まで読み、解決策を見つけていきましょう!

ざっくりまとめると…
  • 人を好きになれないのは、自己防衛が働いている可能性が高い
  • 恋愛が面倒くさいと感じているなら、自分は本当に恋愛をしたいのか考えてみる
  • 人を好きになれないときは、あれこれ考えすぎている場合が多いので気楽に恋愛してみよう!
  • 気楽に恋愛できる方法は、利用者数が多いマッチングアプリを始めること!
  • マッチングアプリのペアーズ」は国内最大級の利用者数を誇るマッチングアプリ!
ペアーズ
  • 運営会社:株式会社エウレカ
  • 国内最大規模のマッチングアプリ
  • 2,000万人以上のユーザーが登録している
  • 月に13,000人以上の恋人ができている
  • 平均4ヶ月で恋人ができている
  • 幅広い年齢層で利用されている
会員数年齢層目的
2,000万人以上20代〜30代恋活や婚活
月額料金
男性:3,700円/月〜  女性:無料

\登録者数2,000万人超え!国内最多のアプリ/

目次

人を好きになれないのはめんどくさいのが原因?考えられる理由10つ

まずは、人を好きになれない理由をケースごとに10個解説します。

  • めんどくさい=自己防衛
  • 自分に自信がない
  • 自信をつけるための自分磨きがめんどくさい
  • 恋愛に対してトラウマがある
  • 恋愛経験が少なく理想が高い
  • 恋人にお金と時間をかけたくない
  • 仕事に熱中している
  • 自分ひとりや友人・家族といると充分
  • 性の対象が異性ではない可能性もある
  • 人を好きになって裏切られるのが怖い

めんどくさい=自己防衛

まず、「めんどくさい」と感じることは、自己防衛の一環であることが考えられます。

人間関係や恋愛には多くのエネルギーと時間が必要です。

そのため、恋愛におけるストレスや失敗のリスクを避けるために、「めんどくさい」と感じることで無意識に自分を守っている可能性が高いです。

例えば、過去の恋愛で傷ついた経験があると、新たな恋愛に対する恐怖や不安が生じます。

結果として、新しい恋愛を始めること自体が「めんどくさい」と感じ、自ら距離を置くことで心の平穏を保とうとします。

れんあいざむらい

恋愛でめんどくさいと感じることは、自己防衛のひとつなので仕方のないことです!

自分に自信がない

自分に自信がないことも、人を好きになれない原因の一つです。

自分に自信がないと、相手に好かれるかどうかを心配しすぎてしまい、次第に恋愛に対するアプローチが面倒になります。

自己評価が低いと、自分が相手にふさわしくないと思い込んでしまい、結果として恋愛を避けやすくなります。

れんあいざむらい

まずは自分に自信がない理由を明確にするところから始めましょう!

自信をつけるための自分磨きがめんどくさい

自分に自信がないことが原因と分かったところで、自信をつけるための自分磨きがめんどくさいと感じることもあります。

恋愛において自分に自信を持つためには、見た目や内面の改善が必要です。

しかし、改善には努力と時間が必要なので、改善するプロセス自体が「めんどくさい」と感じ、最終的には恋愛に対する意欲が減少してしまいます。

例えば、定期的な運動やスキンケア、趣味やスキルの向上など、自分磨きには多くの要素が含まれます。

しかし、これらの取り組みが負担に感じられると、恋愛そのものを避けるようになってしまうのです。

恋愛に対してトラウマがある

恋愛に対するトラウマが原因で「めんどくさい」と感じることが考えられます。

過去の恋愛で深く傷ついた経験があると、新しい恋愛に対して不安や恐怖が生じます。

このような経験があると、再び同じような痛みを味わいたくないと無意識に防衛本能が働き、恋愛そのものを「めんどくさい」と感じてしまいます。

たとえば、過去に裏切られたり、浮気されたりした経験があると、新しい関係を築くことに対して慎重になり、心のハードルが高くなります。

れんあいざむらい

「浮気する人がいればしない人もいる」と頭の中で分かっていても、なかなか前向きにはなれないですよね…

恋愛経験が少なく理想が高い

恋愛経験が少なく理想が高いことも「めんどくさい」と感じる原因です。

恋愛経験が少ないと、実際の恋愛と理想の恋愛とのギャップが大きくなりがちです。

ドラマや映画のような完璧な恋愛を期待してしまい、現実の恋愛にはがっかりしてしまうことが多いでしょう。

例えば、「理想の相手はこうでなければならない」という思い込みが強いと、実際の相手の欠点や現実的な問題に直面したときに、理想とのギャップに失望してしまいます。

その結果、「現実の恋愛はめんどくさい」と感じ、恋愛に対して消極的になってしまいやすいです。

れんあいざむらい

恋愛をしないまま大人になってしまうと、理想と現実とのギャップを感じやすいです…。

恋人にお金と時間をかけたくない

恋人にお金と時間をかけたくないという考えも「めんどくさい」と感じる理由の一つです。

現代社会では、仕事や趣味、友人関係など、自分の生活を充実させるための選択肢が多くあります。

そのため、恋人がいなくても十分に充実しているという人は、増えてきている傾向にあります。

例えば、デートやプレゼントなどにかかる費用や、相手との時間を調整する手間を考えると、恋愛よりも自分の趣味や仕事に時間を使いたいと感じる人も少なくありません。

そのため、恋愛を「めんどくさい」と感じ、積極的に恋愛をしようとしなくなるのです。

仕事に熱中している

仕事に熱中していることで、恋愛に対して「めんどくさい」と感じる可能性があります。

現代社会では、キャリアを重視する人が増えており、仕事に多くの時間とエネルギーを費やしています。

仕事に集中していると、恋愛に時間や労力を割く余裕がなくなるので、恋愛に対する優先順位が下がりやすいです。

例えば、昇進を目指して長時間働いたり、スキルアップのために勉強を続けたりする中で、恋愛の優先順位が低くなります。

れんあいざむらい

仕事で得られる達成感や充実感は大きいため、恋愛に対して「めんどくさい」と感じるのは自然なことかもしれません。

自分ひとりや友人・家族といると充分

自分ひとりや友人・家族といることで満足している場合、恋愛を「めんどくさい」と感じる可能性が高いです。

趣味の合う友人と楽しく遊んでいたり、家族と充実した時間を過ごしていれば、恋人は必要ないと考える方も増えてきています。

例えば、自分の趣味や友人との楽しい時間が生活の中心になっている場合には、恋愛に対する関心が薄れやすいです。

れんあいざむらい

既にプライベートが充実していると、新たな刺激は必要ないと感じるのかもしれませんね!

性の対象が異性ではない可能性もある

自分のセクシュアリティを十分に理解していない場合、異性に対する恋愛感情が芽生えないことがあります。

これに気づかずに、なんとなく恋愛に対して「めんどくさい」と感じている方も少なくありません。

例えば、同性愛やバイセクシュアリティなど、自分のセクシュアリティを認識することで、自分の感情が整理されやすくなり、新たな恋愛を見つけられる可能性が高まります。

れんあいざむらい

多様性を認められている現代において、自分を正しく知ることが重要ですね!

人を好きになって裏切られるのが怖い

人を好きになって裏切られることへの恐怖も、恋愛を「めんどくさい」と感じる理由の一つです。

過去の恋愛で傷ついた経験があると、再び同じような痛みを味わいたくないという思いから、新しい恋愛に対して消極的になることがあります。

例えば、過去に信じていた相手に裏切られた経験があると、新しい恋愛に対して慎重になりすぎることがあります。

このような恐怖心が「めんどくさい」という感情に繋がり、恋愛を避ける理由になるのです。

「人を好きになれない・めんどくさい…」と感じる方が人を好きになるメリット

「人を好きになれない・めんどくさい…」と感じる方が人を好きになるメリットは、以下の3つです。

  • 自分を磨いて可愛くなる・イケメンになる
  • 日常に対するモチベーションが高まる
  • 毎日をワクワク・ドキドキして楽しく過ごせる

自分を磨いて可愛くなる・イケメンになる

人を好きになると、相手に良い印象を与えたいという気持ちが芽生えます。

この気持ちは、自分を磨くモチベーションとなり、外見だけでなく内面も魅力的になるチャンスです。

例えば、健康的な生活習慣を心がけたり、ファッションやメイクに気を遣ったりすることで、見た目の印象が大きく変わります。

また、自己改善の意欲が高まり、新しいスキルや知識を身につけることにもつながります。

たとえば、料理やスポーツ、趣味に挑戦することで、さらに自分の魅力が高まります。

結果として自分に自信がつき、周りからも「可愛くなった」「イケメンになった」と評価されるようになるでしょう。

れんあいざむらい

人を好きになると自分のレベルが高まるのは大きなメリットですね!

日常に対するモチベーションが高まる

人を好きになることで、日常生活に対するモチベーションが高まります。

好きな人がいると、仕事や勉強に対する意欲が増し、目標に向かって頑張ることができるようになるなど、好きな人に見合うための努力を惜しまなくなります。

また、好きな人と過ごす時間を楽しみにすることで、毎日のルーティンが充実感に満ちたものになります。

たとえば、デートの予定があると、その日が待ち遠しくなり、デートまでの時間を有意義に過ごすためのモチベーションが高まります。

こうしたポジティブなエネルギーは、他の生活の面でもプラスに働き、全体的な生活の質が向上します。

れんあいざむらい

恋愛はマイナスなイメージを持つ人も多いですが、相手に依存せず自分中心の生活を送っていれば実はプラスに働くことの方が多いです!

毎日をワクワク・ドキドキして楽しく過ごせる

人を好きになることで、毎日がワクワク・ドキドキとした楽しい時間に変わります。

恋愛は感情の波を伴うものであり、その中で感じる喜びや興奮は、日常生活に彩りを添えます。

好きな人と会う予定や、相手からのメッセージを待つ時間など、小さな出来事が特別なものに感じられるでしょう。

また、恋愛を通じて新しい体験が増えます。

たとえば、相手と一緒に新しい場所を訪れたり、共通の趣味を楽しんだりすることで、これまで経験したことのない楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

れんあいざむらい

恋愛をする最大のメリットは、つまらないと感じていた毎日が彩ることなのかもしれませんね!

【人を好きになれない】恋愛がめんどくさいと感じる人が相手を見つけて幸せになるコツ

ここでは、恋愛がめんどくさいと感じる人が相手を見つけて幸せになるコツを解説します。

  • 本当に恋愛をしたいのか考えてみる
  • 自分磨きを通して自分を好きになる
  • 相手に好きになってもらう
  • 日頃からありのままの自分で生きる
  • ”好き”よりも居心地の良さを大切にする
  • 恋愛以外の趣味や仕事も力を入れてみる
  • いままで体験したことのないことを体験してみる

本当に恋愛をしたいのか考えてみる

人を好きになれず、恋愛に対してめんどくさいと感じてしまう場合には、本当に恋愛をしたいのかを考えてみましょう。

恋愛がめんどくさいと感じる理由には、自分自身の気持ちをよく理解していないことが原因かもしれません。

仮に、毎日が忙しくて恋愛をする時間がないという方や、さまざまな問題によって頭を悩ませている方は、一度立ち止まって、自分自身と向き合ってみましょう。

れんあいざむらい

無理に恋愛をする必要はありませんが、自分の気持ちを正直に認識することで、人生をより豊かにできるでしょう!

自分磨きを通して自分を好きになる

恋愛をするためには、自分磨きを通して自分を好きになることが第一です。

自己肯定感が低いと、恋愛に対する意欲も低くなります。

そこで、自分を好きになると自信がつき、恋愛に対する姿勢も前向きになります。

自分磨きの方法はさまざまですが、まずは健康的なライフスタイルを心がけましょう。

運動やバランスの取れた食事、十分な睡眠を確保することは、心身の健康を保つために重要です。

また、趣味や新しいスキルに挑戦することで、自分自身の成長を実感し、自己評価を高めることができます。

例えば、料理教室に通ったり、新しいスポーツを始めたりすることで、新しい自分を発見できます。

自分磨きを通して得た自信は、恋愛にもポジティブな影響を与えるでしょう。

相手に好きになってもらう

恋愛は相手がいてのものなので、相手に好きになってもらうための努力も重要です。

まずは自分の魅力を理解し、伝える必要がありますが、無理に自分を飾る必要はありません。自然体でいることが、最も魅力が伝わりやすいです。

また、コミュニケーションを大切にしましょう。

コミュニケーションの際に意識すべきことは、自分を着飾らないことと、聞くと話すをバランスよく行うことです。

友達と話すようにリラックスしてコミュニケーションを取ればうまくいくので、何も恐れることはありません。

他には、相手のことをよく観察し、関心を持つことも大切です。

相手の好きなことや興味を理解することで、共通の話題が増えて盛り上がり、信頼関係が深まります。

れんあいざむらい

恋愛でも仲の良い親友と話す感じでコミュニケーションを取ることを意識すれば、上手くいきやすくなります!
緊張するのは、自分を良く見せようとするからです。

日頃からありのままの自分で生きる

恋愛だけでなく、仕事先や外部の人とのコミュニケーションの際など、日頃からありのままの自分で生きることが大切です。

自分を偽ったり無理をしたりすると、精神的ストレスが増えて長続きしません。

自然体でいることが、自分に合った相手を見つけるための第一歩です。

日常生活の中で、自分らしく生きることを意識しましょう。

”好き”よりも居心地の良さを大切にする

長続きする恋愛に共通していることは、「好き」という感情よりも、居心地の良さを大切にしている恋愛です。

恋愛がめんどくさいと感じる人にとっては、無理に情熱的な恋愛を追求するよりも、自然体でいられる関係を築く方が幸せになりやすいでしょう。

居心地が良いかどうかを理解するためには、相手とのコミュニケーションが大切です。

お互いの価値観やライフスタイルを理解し、尊重し合える関係を築くことができれば素敵なパートナーとなります。

例えば、一緒にいる時にリラックスでき、無理なく会話ができる相手を見つけることがポイントです。

恋愛以外の趣味や仕事も力を入れてみる

仮に、恋愛に対して全く興味が湧かない場合、恋愛以外の趣味や仕事に力を入れることも大切です。

恋愛だけに焦点を当てると、将来のプレッシャーやストレスが増え、「めんどくさい」と感じやすくなります。

恋愛以外にも情熱を持てる趣味などを見つけることで、心のバランスを保ちやすくなります。

例えば、趣味に没頭する時間を作ることです。

読書、料理、スポーツ、アートなど、自分が本当に楽しめる活動を見つけることが重要です。

趣味に打ち込むことで、自分自身の時間を大切にし、心に余裕が生まれます。

その余裕が、自然と恋愛に対する意欲を高めることにつながります。

れんあいざむらい

恋愛を人生を豊かにする選択肢のひとつとして捉え、趣味や仕事に没頭するのもおすすめです!

いままで体験したことのないことを体験してみる

いままで体験したことのないことを体験すると、自分の殻を破ることができます。

例えば、海外旅行や読書、スポーツなどを始めることで、新たな人との出会いが広がりやすくなります。

最も簡単に新しい体験をする方法は、マッチングアプリを始めることです。

マッチングアプリを始めて新しい人と出会うと、これまで行ったことのある場所に行ったとしても、行く人が違うので、全く違う体験をできます。

おすすめのマッチングアプリについては「【2024年4月最新】おすすめの人気マッチングアプリ9選!選び方や注意点も解説」の記事で解説しているので、あわせてご覧ください。

人を好きになれないめんどくさい時は気楽に恋愛してみよう!

本記事では、人を好きになれない理由や人を好きになるメリット、人を好きになるコツなどを徹底解説しました。

恋愛では、自分自身を見つめ直し、恋愛に前向きな気持ちを持つことが大切です。

相手との関係を築くために、日頃から努力をすることが必要です。

自分自身が幸せであることが、相手との幸せをもたらすことにつながるのです。

ただし、恋愛においては相手に原因がある場合も少なくありません。

その場合は、特定の人に固執するのではなく、新しい出会いに目を向けてみると心が楽になるケースが多いです。

新しい出会いに目を向けられるマッチングアプリの「ペアーズ」を登録し、楽しく恋愛をしましょう!

\登録者数2,000万人超え!国内最多のアプリ/

この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1600年生まれの恋するさむらい。
20歳にちぎりを交わしていた彼女を上流階級の武士に取られていとかなしき。
悔しき思いを晴らすべく、衣服・ちょんまげヘアセット・奥ゆかしき女性の気持ちを学び申す。
400年経った今、7人の奥様と過ごせるようになった秘訣を教ふ。

コメント

コメントする

目次