優生思想の恋愛って難しい?意味と難しい理由を解説

本ページにはプロモーションが含まれています
優生思想の恋愛って難しい?意味と難しい理由を解説

「優生思想の恋愛は難しい?」

「優生思想ってどういう意味なの?」

優生思想の恋愛は、昔親の紹介などでお見合いで結婚させられるような、自分の意思ではなく経済力や人種で判断する恋愛です。

昔はよくあった話ですが、現代社会では親の紹介で結婚するというパターンは少なく、自分で相手を選ぶのた主流となっているので知らないという方も多いでしょう。

本記事では、優生思想の恋愛が難しい理由を解説していきます。優生思想の恋愛がどういうものか気になる方は参考にしてください。

ざっくりまとめると…
  • 優生思想の恋愛は難しい
  • 経済面だけで恋愛している方が少ない
  • 人種差別などで厳しい社会なのでそういう思想を持っている人が少ない
  • マリッシュは真剣に交際相手を探している方が多いマッチングアプリ
  • マリッシュの登録者数が200万人を突破しているので自分が理想としている方を見つけやすい
マリッシュ
  • 運営会社:株式会社マリッシュ
  • 再婚に強いマッチングアプリ
  • 再婚希望者への優遇制度あり
  • 真剣な出会いを望む人が多い
  • 利用者層は20〜50代と幅広い
  • 3ヶ月以内に成婚している実績多数
  • 身バレ防止機能あり
会員数年齢層目的
300万人以上20代〜50代真剣な交際や婚活
月額料金
男性:3,400円/月〜  女性:無料
\再婚にも強いマッチングアプリ/
目次

優生思想の恋愛は難しい

優生思想の恋愛は難しい

優生思想とは、人種や民族、社会階級などの集団の遺伝的質を向上させるために、優秀な遺伝子を持つ者を奨励し、劣った遺伝子を持つ者を排除する思想です。

優生思想に基づいた恋愛は、優秀な遺伝子を持つ者同士の結婚を奨励することになります。そのため、恋愛の対象を遺伝子によって判断することになり、恋愛の自由や個人の尊厳が損なわれる可能性があります。

具体的には、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 恋愛の対象を遺伝子によって判断するため、外見や経済力など、遺伝子と関係のない要素も考慮されにくくなります。
  • 優秀な遺伝子を持つ者と結婚することが強制されるため、恋愛感情を伴わない結婚が増える可能性があります。
  • 劣った遺伝子を持つ者は結婚や出産の機会を奪われるため、差別や排除が助長される可能性があります。

優生思想を簡単に言うと

優生思想は、19世紀にイギリスのフランシス・ゴルトンが提唱した思想です。ゴルトンは、遺伝によって個人の能力や才能が決まると考え、優秀な遺伝子を持つ者を増やすことで、社会の進歩を促そうとしました。

優生思想は、その後、ナチスドイツやアメリカなど、世界各国で採用されました。ナチスドイツでは、優生思想に基づいて、障害者やユダヤ人などの大量虐殺が行われました。

現在、優生思想は、人権侵害や差別につながる危険な思想として、国際的に批判されています。

優生思想の恋愛が難しい理由

優生思想の恋愛が難しい理由

優生思想とは、人間の遺伝的質の向上を目的とした思想です。その一環として、優秀な遺伝子を持つ者同士の結婚を奨励することがあります。しかし、そのような恋愛は、現代においては難しい理由があります。

強制させた恋愛が現代に向いていない

強制させた恋愛が現代に向いていない理由は、大きく分けて2つあります。

1つ目の理由は、現代では個人の自由や尊厳が重視されていることです。そのため、たとえ遺伝的に優秀な相手であっても、強制的に結婚させられることは、本人の意思を無視することになってしまいます。

2つ目の理由は、恋愛は本人の気持ちが重要であるということです。恋愛は、お互いの気持ちを理解し、尊重し合うことで成り立ちます。

しかし、強制された恋愛では、お互いの気持ちを理解し合うことができません。そのため、恋愛感情が芽生えることは少なく、たとえ結婚したとしても、幸せな結婚生活を送ることは難しいでしょう。

また、強制された恋愛は、本人の心の傷にもつながります。本人の意思を尊重されていないと感じることで、自信喪失や自己肯定感の低下などの問題につながる可能性があります。

遺伝子的に恋愛したほうが幸せと感じる

遺伝子的に恋愛したほうが幸せと感じる理由として、以下の3つが挙げられます。

共通する遺伝子を持つことで、親密感や安心感を抱きやすい

遺伝子には、外見や性格など、さまざまな特徴が含まれています。そのため、共通する遺伝子を持つ人同士は、見た目や性格が似ている傾向があります。

また、同じ病気のリスクや、同じ趣味や価値観を持っている可能性も高くなります。これらの共通点は、お互いに親密感や安心感を抱きやすくさせるため、恋愛につながりやすいと考えられます。

遺伝的に優秀な相手と結婚することで、子孫の健康や能力を向上させられる

優生思想では、優秀な遺伝子を持つ者同士の結婚を奨励します。その理由は、遺伝的に優秀な子孫を誕生させ、人類の遺伝的質を向上させることにあります。

実際に、遺伝学的研究では、親の遺伝子が子孫に影響を与えていることが示されています。そのため、遺伝的に優秀な相手と結婚することで、子孫の健康や能力を向上させられる可能性があると考えられます。

遺伝的に近い相手と結婚することで、育児がしやすい

遺伝的に近い相手と結婚することで、育児がしやすいというメリットもあります。これは、遺伝的に近い相手同士は、子育てに関する考え方や価値観が似ている傾向があるためです。

そのため、子育てに関する意見が食い違いにくく、スムーズに子育てを進めることができると考えられます。

しかし、遺伝子的に恋愛したほうが幸せになるとは限りません。遺伝子だけでなく、性格や価値観、趣味など、さまざまな要素が影響するためです。

また、遺伝的に優秀な相手と結婚したとしても、必ずしも幸せな結婚生活を送れるとは限りません。

恋愛で見る場所は経済力だけではない

さらに、恋愛で見る場所は経済力だけではありません。経済力は重要な要素ではありますが、それ以上に、性格や価値観、趣味など、お互いの相性や共通点が重要です。

そのため、経済力だけで結婚相手を選ぶと、後々後悔することになるかもしれません。

優生思想の恋愛は現代社会では向いていない

優生思想の恋愛は現代社会では向いていない

優生思想の恋愛は現代社会では向いていません。人種差別や社会的地位で人を決めつける文化が薄れているので、優生思想で恋愛している方がそもそも少ないです。

また、現代では経済力ではなく、自分が良いと感じた相手と結婚を望んている方がほとんどなので、親目線からしても、お見合いをさせる方も少なくなっています。

優生思想の恋愛が嫌と感じる方は、下記ボタンからマリッシュをインストールして、理想の相手を見つけましょう。

この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1600年生まれの恋するさむらい。
20歳にちぎりを交わしていた彼女を上流階級の武士に取られていとかなしき。
悔しき思いを晴らすべく、衣服・ちょんまげヘアセット・奥ゆかしき女性の気持ちを学び申す。
400年経った今、7人の奥様と過ごせるようになった秘訣を教ふ。

コメント

コメントする

目次