復縁後すぐにうまくいかない理由とうまくいかないときの考え方とは?

本ページにはプロモーションが含まれています

別れた恋人と復縁を成功させた方・させたい方も多いのではないでしょうか。

しかし、復縁を成功させたもののパートナーとの関係がうまくいかないことも多くあります。

そこで今回、復縁を成功させた後にパートナーとうまくいかない理由・うまくいかない時の考え方について詳しく解説します。

ざっくりまとめると…
  • 復縁に必死すぎる人はうまくいかない場合が多い
  • 一度別れた理由が復縁後にうまくいかない原因になりがち…
  • 復縁して冷却期間を置かないカップルはうまくいかない可能性がある
  • 復縁したけどうまくいかないと感じる方マリッシュがおすすめ
  • マリッシュ20〜50代の方が真剣な出会いを探しているマッチングアプリ
マリッシュ
  • 運営会社:株式会社マリッシュ
  • 再婚に強いマッチングアプリ
  • 再婚希望者への優遇制度あり
  • 真剣な出会いを望む人が多い
  • 利用者層は20〜50代と幅広い
  • 3ヶ月以内に成婚している実績多数
  • 身バレ防止機能あり
会員数年齢層目的
300万人以上20代〜50代真剣な交際や婚活
月額料金
男性:3,400円/月〜  女性:無料
\再婚にも強いマッチングアプリ/
目次

復縁してもうまくいかないカップルの特徴

復縁うまくいかない

別れた恋人と復縁することは、決して珍しいことではありません。しかし、復縁してもうまくいくカップルと、うまくいかないカップルがいることはご存知でしょうか。

以下では、復縁してもうまくいかないカップルの特徴について、詳しく解説していきます。

1. 別れた原因が改善できていない

復縁するにあたって、まずは別れた原因をしっかりと理解することが大切です。別れた原因が改善できていなければ、復縁してもまた同じ問題が起きて、別れてしまう可能性が高いでしょう。

例えば、浮気が原因で別れた場合、浮気した側が本当に反省して、二度と浮気をしないという気持ちがなければ、復縁してもまた浮気をしてしまうかもしれません。

また、価値観の違いが原因で別れた場合、お互いが歩み寄って、価値観をすり合わせることができなければ、また価値観の違いで衝突することになるでしょう。

2. 寂しさから復縁を望んでいる

寂しさから復縁を望んでいる場合、復縁してもうまくいく可能性は低いと言えるでしょう。寂しさから復縁すると、相手のことが本当に好きかどうかわからなくなってしまったり、復縁してもすぐに別れてしまう可能性があったりします。

寂しさから復縁を望んでいる場合は、まずは自分の寂しさの原因を探り、寂しさを解消する方法を見つけることが大切です。

3. 相手に依存している

相手に依存している場合、復縁してもうまくいく可能性は低いと言えるでしょう。相手に依存していると、相手に頼りすぎて、自分自身をコントロールできなくなってしまうことがあります。

また、相手に依存していると、相手の言動に振り回されやすくなり、喧嘩やケンカに発展する可能性も高くなります。

4. 冷却期間を置いていない

別れた直後に復縁を試みるのは、あまりおすすめできません。別れた直後はお互いに気持ちが不安定な状態であるため、冷静に話し合うことが難しく、また、復縁してもすぐに別れてしまう可能性が高いからです。

復縁を考えている場合は、まずは冷却期間を設けて、お互いに冷静になってから復縁を検討するようにしましょう。

5. 相手のことを美化している

別れた相手を美化していると、復縁してもうまくいく可能性は低いと言えるでしょう。別れた相手を美化していると、相手の欠点や問題点が見えにくくなり、また、復縁してもすぐに幻滅してしまう可能性があります。

復縁を考えている場合は、別れた相手を冷静に見つめ直し、相手の欠点や問題点も理解するようにしましょう。

復縁してもうまくいくカップルの特徴

復縁うまくいかない

復縁してもうまくいくカップルには、いくつかの特徴があります。

1. 別れた理由を理解し、改善する努力をしている

別れた理由を理解し、改善する努力をしているカップルは、復縁してもうまくいく可能性が高いと言えるでしょう。別れた原因を理解して、お互いが改善する努力をすることで、関係をより良いものにすることができます。

2. 冷却期間を設けて、お互いを見つめ直している

冷却期間を設けて、お互いを見つめ直しているカップルも、復縁してもうまくいく可能性が高いと言えるでしょう。冷却期間を設けることで、お互いの欠点や問題点を理解し、改善する努力をすることができるようになります。

3. 相手に依存せず、自立した関係を築いている

相手に依存せず、自立した関係を築いているカップルも、復縁してもうまくいく可能性が高いと言えるでしょう。相手に依存していると、相手に頼りすぎて、自分自身をコントロールできなくなってしまうことがあります。

4. 相手を尊重し、理解し合っている

相手を尊重し、理解し合っているカップルも、復縁してもうまくいく可能性が高いと言えるでしょう。相手を尊重し、理解し合うことで、お互いに気持ちよく過ごすことができます。

復縁がうまくいかない人の特徴

復縁うまくいかない

別れた恋人と復縁することは、決して珍しいことではありません。しかし、復縁してもうまくいかない人も少なくありません。

今回は、復縁がうまくいかない人の特徴について、詳しく解説していきます。

1. 復縁に必死すぎる

復縁に必死すぎる人は、復縁がうまくいかない傾向があります。必死すぎると、相手に押し付ける形で復縁を迫ってしまい、相手に引かれてしまう可能性があります。

例えば、

  • 毎日のように連絡をしたり、会いに行ったりしすぎる
  • 復縁を迫るメールや手紙を送りすぎる
  • 復縁を迫るSNSの投稿をする

などが挙げられます。

また、必死すぎると、相手の気持ちに振り回されやすくなり、復縁してもうまくいかなかった場合に、精神的にダメージを受けやすくなります。

復縁を望んでいる場合は、まずは冷静になり、自分自身の気持ちを整理することが大切です。

2. 相手を美化している

相手を美化している人も、復縁がうまくいかない傾向があります。別れた相手を美化していると、相手の欠点や問題点が見えにくくなり、復縁してもすぐに幻滅してしまう可能性があります。

例えば、

  • 別れた相手との思い出ばかりを振り返る
  • 別れた相手のことを完璧な人間だと考えている
  • 別れた相手と別れたことを後悔している

などが挙げられます。

復縁を望んでいる場合は、別れた相手を冷静に見つめ直し、相手の欠点や問題点も理解するようにしましょう。

3. 相手に依存している

相手に依存している人も、復縁がうまくいかない傾向があります。相手に依存していると、相手に頼りすぎて、自分自身をコントロールできなくなってしまうことがあります。

例えば、

  • 相手がいないと何もできない
  • 相手に頼ってばかりで、自分から行動することが少ない
  • 相手の言動に振り回されやすい

などが挙げられます。

復縁を望んでいる場合は、まずは自分自身を自立させることが大切です。

4. 別れた原因を理解していない

別れた原因を理解していない人も、復縁がうまくいかない傾向があります。別れた原因を理解していないと、同じ問題が原因でまた別れてしまう可能性があります。

例えば、

  • 別れた原因を相手に押し付ける
  • 別れた原因を自分自身に責任転嫁する
  • 別れた原因を理解する努力をしない

などが挙げられます。

復縁を望んでいる場合は、まずは別れた原因をしっかりと理解することが大切です。

5. 冷却期間を置いていない

別れた直後に復縁を試みるのも、復縁がうまくいかない傾向があります。別れた直後は、お互いに気持ちが不安定な状態であるため、冷静に話し合うことが難しく、また、復縁してもすぐに別れてしまう可能性があります。

冷却期間を一定期間おいていない例は以下のようなものがあります。

  • 別れた直後に復縁を迫る
  • 別れた直後に相手と連絡を取る
  • 別れた直後に相手に会いに行く

などが挙げられます。

復縁を望んでいる場合は、まずは冷却期間を設けて、お互いに冷静になってから復縁を検討するようにしましょう。

追加内容

復縁がうまくいかない人の特徴として、以下のようなものも挙げられます。

  • 自分自身を磨いていない

復縁を成功させるためには、自分自身を磨くことが大切です。自分自身を磨くことで、相手に魅力的に見えるようになり、復縁の可能性を高めることができます。

例えば、

  • 外見を磨く
  • 内面を磨く
  • 趣味やスキルを磨く

などが挙げられます。

復縁しても長続きしないパターンと「上手くいく」ためのポイント

復縁うまくいかない

別れた恋人と復縁することは、決して珍しいことではありません。しかし、復縁しても長続きしないカップルも少なくありません。

今回は、復縁しても長続きしないパターンと、長続きさせるためのポイントについて、詳しく解説していきます。

1. 寂しさのあまり、妥協で復縁した

寂しさから復縁を望んでいる場合、復縁してもうまくいく可能性は低いと言えるでしょう。寂しさから復縁すると、相手のことが本当に好きかどうかわからなくなってしまったり、復縁してもすぐに別れてしまう可能性があったりします。

寂しさから復縁を望んでいる場合は、まずは自分の寂しさの原因を探り、寂しさを解消する方法を見つけることが大切です。

2. 別れた原因に向き合えていない

別れた原因が改善されていない場合、復縁してもまた同じ問題が原因で別れてしまう可能性があります。

例えば、浮気が原因で別れた場合、浮気した側が本当に反省して、二度と浮気をしないという気持ちがなければ、復縁してもまた浮気をしてしまうかもしれません。

また、価値観の違いが原因で別れた場合、お互いが歩み寄って、価値観をすり合わせることができなければ、また価値観の違いで衝突することになるでしょう。

復縁を成功させるためには、別れた原因をしっかりと理解し、改善する努力をすることが大切です。

復縁した後に上手くいくためのポイント

復縁しても長続きさせるためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

1. 冷却期間を置く

別れた直後は、お互いに気持ちが不安定な状態であるため、冷静に話し合うことが難しく、また、復縁してもすぐに別れてしまう可能性があります。

復縁を考えている場合は、まずは冷却期間を設けて、お互いに冷静になってから復縁を検討するようにしましょう。

2. 別れた原因を理解し、改善する努力をする

別れた原因を理解し、お互いが改善する努力をすることで、関係をより良いものにすることができます。

例えば、浮気が原因で別れた場合は、浮気した側が本当に反省して、二度と浮気をしないという気持ちがあることを、相手に伝えることが大切です。

また、価値観の違いが原因で別れた場合は、お互いが歩み寄って、価値観をすり合わせるための努力をすることが大切です。

3. 相手を美化せず、冷静に見つめ直す

別れた相手を美化していると、相手の欠点や問題点が見えにくくなり、復縁してもすぐに幻滅してしまう可能性があります。

別れた相手を冷静に見つめ直し、相手の欠点や問題点も理解するようにしましょう。

4. 相手に依存せず、自立した関係を築く

相手に依存していると、相手に頼りすぎて、自分自身をコントロールできなくなってしまうことがあります。

また、相手に依存していると、相手の言動に振り回されやすくなり、喧嘩やケンカに発展する可能性も高くなります。

相手に依存せず、自立した関係を築くことが大切です。

5. 自分自身を磨く

自分自身を磨くことで、相手に魅力的に見えるようになり、復縁の可能性を高めることができます。

また、自分自身を磨くことで、自信をつけることができ、復縁後の生活も充実させることができます。

復縁してうまくいかなくてもすぐ諦めないほうが良い理由

復縁うまくいかない

別れた恋人と復縁することは、決して珍しいことではありません。しかし、復縁してもうまくいかない人も少なくありません。

そんなとき、「一度別れたら終わりなんだ…」とすぐに諦めてしまう人もいるでしょう。しかし、復縁してうまくいかなくても、すぐに諦めないほうが良い理由があります。

1. 一度別れたのだから、信頼を取り戻すまでに時間がかかるのは仕方がない

別れた理由によっては、相手を信頼するまでに時間がかかってしまうこともあります。

例えば、浮気が原因で別れた場合、浮気した側は二度と浮気をしないという誓いを立て、相手を信頼させる努力をする必要があります。しかし、相手が信頼を取り戻すまでに、時間がかかってしまうのは仕方がありません。

また、価値観の違いが原因で別れた場合、お互いの価値観を理解し、すり合わせるための努力をする必要があります。しかし、お互いの価値観をすり合わせるには、時間と労力が必要です。

具体的な例

浮気が原因で別れた場合、浮気した側は、以下のようなことをすることで、相手を信頼させる努力をすることができます。

  • 浮気した理由を正直に伝える
  • 浮気をした相手には、二度と浮気をしないと誓う
  • 浮気をした相手の気持ちを尊重し、理解しようとする

価値観の違いが原因で別れた場合、お互いの価値観を理解し、すり合わせるためには、以下のようなことをすることができます。

  • 相手の価値観を尊重する
  • 相手の価値観を理解するために、相手の話をよく聞く
  • 自分の価値観を相手の価値観に合わせて、少しずつ変えていく

2. 復縁は、元彼にとっても大きな出来事だから、動揺している

復縁は何度も経験するものではありません。そのため、元彼も動揺している可能性があります。

例えば、元彼が「復縁してもうまくいくのか不安だ」と感じているかもしれません。また、元彼が「復縁したらまた別れてしまうのではないか」と恐れているかもしれません。

そうした不安や恐怖を抱えている元彼に、すぐに信頼してもらうのは難しいでしょう。

具体的な例

元彼が「復縁してもうまくいくのか不安だ」と感じている場合、復縁を迫るのではなく、まずは元彼の不安を解消する努力をしましょう。

例えば、以下のようなことをすることができます。

  • 復縁する理由を、元彼にしっかりと伝える
  • 復縁するために、自分がどのように変わったのかを、元彼に伝える
  • 復縁後、自分がどのように変わっていくのかを、元彼に伝える

元彼が「復縁したらまた別れてしまうのではないか」と恐れている場合、復縁した後も、元彼に信頼してもらい続ける努力をしましょう。

例えば、以下のようなことをすることができます。

  • 元彼を大切に思う気持ちを、言葉や行動で示す
  • 元彼の話をよく聞き、理解しようとする
  • 元彼の意見や考えを尊重する

復縁したけどうまくいかないと感じる原因

復縁うまくいかない

別れた恋人と復縁することは、決して珍しいことではありません。しかし、復縁してもうまくいかない人も少なくありません。

そんなとき、なぜ復縁してもうまくいかないのか、原因を知りたいと思う人は多いでしょう。

1. 別れる原因となったことが復縁後に起きる

別れた原因が、復縁後にまた起きてしまうことがあります。

例えば、浮気が原因で別れた場合、浮気した側は二度と浮気をしないと誓い、相手を信頼させる努力をします。しかし、浮気した側がまた浮気をしてしまった場合、復縁してもうまくいかない可能性が高いでしょう。

浮気以外にも、以下のような原因が復縁後に起きてしまう可能性があります。

  • 連絡や会う頻度が少ない
  • 相手を束縛する
  • 相手の価値観を否定する
  • 自分の意見ばかりを押し付ける

これらの原因が復縁後に起きてしまうと、相手はまた同じことで傷ついてしまう可能性があります。

2. 今度こそうまくいくと過信していた

復縁した後、今度こそうまくいくと過信してしまうことがあります。

しかし、別れた原因をしっかりと解決せずに復縁した場合、また同じ原因で別れてしまう可能性があります。

また、復縁した後も、相手を思いやり、尊重する気持ちがなければ、また同じ理由で喧嘩やケンカに発展してしまう可能性があります。

例えば、浮気が原因で別れた場合、浮気した側が二度と浮気をしないと誓い、相手を信頼させる努力をしても、本当は浮気癖が治っていない場合、また浮気をしてしまう可能性があります。

また、価値観の違いが原因で別れた場合、お互いの価値観を理解し、すり合わせるための努力をしても、お互いの価値観が根本的に異なる場合、すり合わせが難しく、また同じ理由で喧嘩やケンカに発展してしまう可能性があります。

復縁した後に喧嘩が増える原因

復縁うまくいかない

別れた恋人と復縁することは、決して珍しいことではありません。しかし、復縁した後に喧嘩が増えてしまう人も少なくありません。

そんなとき、なぜ喧嘩が増えてしまうのか、原因を知りたいと思う人は多いでしょう。

復縁した後に喧嘩が増える原因

復縁した後に喧嘩が増える原因は、大きく分けて2つあります。

1つは、別れた原因が解決されていないことです。

例えば、浮気が原因で別れた場合、浮気した側が本当に反省して、二度と浮気をしないと誓っていない場合、復縁してもまた浮気をしてしまう可能性があります。

また、価値観の違いが原因で別れた場合、お互いの価値観を理解し、すり合わせるための努力が足りない場合、また同じ理由で喧嘩やケンカに発展してしまう可能性があります。

2つ目は、復縁した後も、お互いに自己中心的な考えや行動を続けていることです。

例えば、復縁した後も、相手を束縛したり、相手の意見を尊重しなかったりした場合、相手はまた同じことで傷ついてしまう可能性があります。

また、復縁した後も、自分の意見ばかりを押し付けたり、相手を理解しようとしなかったりした場合、相手はまた同じ理由で喧嘩やケンカに発展してしまう可能性があります。

復縁した後に喧嘩が増える具体的な例

別れた原因が解決されていない場合

  • 浮気が原因で別れた場合
    • 浮気した側が、浮気した理由を正直に伝えていなかった場合
    • 浮気した側が、二度と浮気をしないと誓っていなかった場合
    • 浮気した側が、浮気をしたことを後悔していない場合
  • 価値観の違いが原因で別れた場合
    • お互いの価値観を理解していなかった場合
    • お互いの価値観をすり合わせる努力をしていなかった場合
    • お互いの価値観を尊重していなかった場合

復縁した後も、お互いに自己中心的な考えや行動を続けている場合

  • 相手を束縛する
    • 相手の行動を制限する
    • 相手の行動を監視する
  • 相手の意見を尊重しない
    • 相手の意見を否定する
    • 相手の意見を無視する
  • 自分の意見ばかりを押し付ける
    • 自分の意見を絶対視する
    • 相手の意見を受け入れようとしない

復縁した後に喧嘩が増えた際の対処法

復縁うまくいかない

別れた原因をしっかりと解決する

別れた原因をしっかりと解決するためには、お互いに話し合い、お互いの気持ちを理解することが大切です。

例えば、浮気が原因で別れた場合、浮気した側は浮気した理由を正直に伝え、二度と浮気をしないと誓う必要があります。

また、価値観の違いが原因で別れた場合、お互いの価値観を理解し、すり合わせるための努力をする必要があります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 別れた原因を、相手にしっかりと伝える
  • 別れた原因を、自分自身で解決する努力をする
  • 復縁した後も、連絡や会う頻度を多めにする
  • 相手の話をよく聞く
  • 自分の意見ばかりを押し付けない

復縁した後も、お互いに思いやり、尊重する気持ちを持つ

復縁した後も、お互いに思いやり、尊重する気持ちを持つことが大切です。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 相手を束縛しない
  • 相手の意見を尊重する
  • 自分の意見ばかりを押し付けない

復縁してうまくやっているカップルの特徴

復縁うまくいかない

別れた恋人と復縁することは、決して珍しいことではありません。しかし、復縁してもうまくいかない人も少なくありません。

そんなとき、復縁してうまくやっているカップルの特徴を知りたいと思う人は多いでしょう。

別れた時に冷却期間を設けて気持ちを整理している

復縁してうまくやっているカップルの特徴として、別れた時に冷却期間を設けて気持ちを整理していることが挙げられます。

別れた直後に復縁を迫ってしまうと、相手は戸惑ったり、不安に感じたりすることがあります。冷却期間を設けることで、お互いに冷静になって、復縁するかどうかをじっくりと考えることができます。

また、冷却期間中は、別れた原因を見つめ直したり、自分がどうしたいのかを考えたりする時間にもなります。

具体的には、以下のようなことを意識するとよいでしょう。

  • 別れた原因を明確にする
  • 別れたことで得たこと、失ったことを考える
  • 復縁するメリットとデメリットを考える
  • 復縁するなら、どのような関係を築きたいのかを考える

冷却期間は、1週間から1ヶ月程度が目安です。あまり長すぎると、お互いが気持ちの整理がつかなくなってしまう可能性があるため注意しましょう。

別れた原因がハッキリしていて、お互いに乗り越えた

復縁してうまくやっているカップルの特徴として、別れた原因がハッキリしていて、お互いに乗り越えたことが挙げられます。

別れた原因がハッキリしていない場合、復縁してもまた同じ原因で別れてしまう可能性があります。また、別れた原因を乗り越えていなければ、また同じ問題にぶつかってしまう可能性があります。

そのため、復縁する前に、お互いに別れた原因を理解し、乗り越えることができるかどうかを話し合うことが大切です。

具体的には、以下のようなことを確認しましょう。

  • 別れた原因は何か
  • なぜその原因が起きたのか
  • 原因を乗り越えるために、何をすべきか

別れた原因を乗り越えるためには、お互いの努力が必要です。

浮気が原因で別れた場合、浮気した側は浮気をしないための努力をする必要があります。また、浮気された側は、浮気されたことを許し、信頼を取り戻す努力をする必要があります。

価値観の違いが原因で別れた場合、お互いの価値観を理解し、すり合わせるための努力が必要です。また、お互いの価値観を尊重し、譲り合う気持ちを持つことが大切です。

復縁後すぐには彼とうまくいかない事が多い理由

復縁うまくいかない

別れた恋人と復縁することは、決して珍しいことではありません。しかし、復縁後すぐにうまくいく人は、それほど多くありません。

なぜ、復縁後すぐには彼とうまくいかないことが多いのでしょうか。その理由を、以下に3つ挙げます。

1. 求めている関係性がお互いハッキリと分からないから

復縁したからといって、必ずしも以前と同じ関係に戻れるとは限りません。お互いに、どのような関係を築きたいのかを、しっかりと話し合っておかなければなりません。

例えば、復縁したけど、相手はあくまでも友達として付き合いたいと思っている場合、あなたは彼氏として付き合いたいと思っている場合、お互いの求めている関係性が異なるため、うまくいかなくなる可能性があります。

2. 前の失敗を引きずっているから

別れた原因をしっかりと解決しないまま復縁した場合、前の失敗を引きずってしまい、うまくいかなくなる可能性があります。

例えば、浮気が原因で別れた場合、浮気した側は二度と浮気をしないと誓ったとしても、浮気された側は浮気されたことを許せず、信頼を取り戻すことができず、うまくいかなくなる可能性があります。

3. 離れている間に仲良くなった異性の事が気になるから

別れている間に、彼が他の女性と仲良くなったのではないかと、不安に思う女性も多いでしょう。

もし、彼が他の女性と仲良くなっていた場合、あなたは嫉妬心や不安感を抱き、彼に対してネガティブな感情を抱いてしまう可能性があります。

復縁してもうまくいかない場合は新しい出会いを探そう!

今回は、復縁してもうまくいかないカップルの特徴やうまくいくカップルの特徴・復縁してうまくやっていく方法を徹底解説しました。

パートナーと別れてしまって、復縁を叶えたとしても自身・パートナーの考え方や捉え方によってうまくいかない場合があります。

別れた原因が復縁後の喧嘩の原因になったり、冷却期間を一定期間開けていないがために相手と心の距離が空いてしまったりするのです。

また、復縁がうまくいかない・復縁後に喧嘩をしてしまって別れそうな方は、マリッシュの利用がおすすめです。

マリッシュは、真剣な交際を望んでいる方ばかり利用しているため、素敵なパートナーを見つけやすいでしょう。

この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1600年生まれの恋するさむらい。
20歳にちぎりを交わしていた彼女を上流階級の武士に取られていとかなしき。
悔しき思いを晴らすべく、衣服・ちょんまげヘアセット・奥ゆかしき女性の気持ちを学び申す。
400年経った今、7人の奥様と過ごせるようになった秘訣を教ふ。

コメント

コメントする

目次