恋愛でキープされる人にならないための方法を徹底解説

本ページにはプロモーションが含まれています
恋愛 キープ 対策

恋愛において、キープという言葉を聞いたことがあると思います。

キープとは、本命ではない相手を都合よく利用することを指します。

あなたは、キープされる人になっていませんか?

キープされる人は、相手の気持ちを察しすぎたり、相手に尽くしすぎたりする傾向があります。

また、自己肯定感が低く、自分を愛してくれる相手に出会うことを諦めてしまっており、キープされるという状況を受け入れてしまう人もいます。

キープされる状態は、心身ともに疲弊し、自信を失う原因にもなります。

キープされていることに気づいたら、勇気を出して相手と話し合い、関係を清算することも大切です。

ざっくりまとめると…
  • 恋愛でキープされる人の特徴は、自己肯定感が低く相手に尽くしすぎる人
  • 恋愛でキープされる人は、自分ではなく相手中心の恋愛をしてしまっている
  • 恋愛でキープされないためには、自己肯定感を高めて心の余裕を作る必要がある
  • 恋愛で心の余裕を作るおすすめの方法は、マッチングアプリを始めること!
  • マッチングアプリのペアーズ」は国内最大級の利用者数を誇るマッチングアプリ!
  • 利用者が多いマッチングアプリのため、恋愛経験を積みやすくキープされる人を脱却できる!
ペアーズ
  • 運営会社:株式会社エウレカ
  • 国内最大規模のマッチングアプリ
  • 2,000万人以上のユーザーが登録している
  • 月に13,000人以上の恋人ができている
  • 平均4ヶ月で恋人ができている
  • 幅広い年齢層で利用されている
会員数年齢層目的
2,000万人以上20代〜30代恋活や婚活
月額料金
男性:3,700円/月〜  女性:無料

\登録者数2,000万人超え!国内最多のアプリ/

目次

恋愛でキープされる人の特徴

キープされる人の特徴

キープされる人は、以下の特徴を持っていることが多いです。

  • 相手の気持ちを察しすぎる
  • 相手に尽くしすぎる
  • 自己肯定感が低い

相手の気持ちを察しすぎる

キープされる人は、相手の気持ちに敏感で、相手の気持ちを察しすぎる傾向があります

そのため、相手の気持ちを優先し、自分の気持ちを後回しにしてしまいます。

例えば、デートの予定を決めるときに、相手が何をしたいかを常に聞き、相手の意見に合わせようとします。

また、相手の誕生日や記念日には、相手が喜ぶものをプレゼントしようと、あれこれ考えます。

相手に尽くしすぎる

キープされる人は、相手に尽くしすぎることで、相手を喜ばせようとします。

しかし、相手は自分の尽くしを当たり前だと感じてしまい、キープ状態が続くのです。

例えば、相手が仕事で疲れているときには、食事を作ってあげたり、マッサージをしてあげたりします。

また、相手の家事を手伝ったり、相手のために買い物をしたりします。

自己肯定感が低い

自己肯定感が低い人は、相手に愛される価値がないと思い込み、相手に尽くすことで愛情を得ようとします。

しかし、相手は自分の尽くしを都合よく利用しているだけなのです。

例えば、相手に褒められることで、自分の価値を認めてもらいたいと思っています。

また、相手に必要とされていると感じることで、安心感を得ようとしています。

恋愛でキープされる人の行動

恋愛でキープされる人の行動

キープされる人は、以下の行動をとりがちです。

  • 相手の予定に合わせる
  • 相手の言いなりになる
  • 相手の気持ちを優先する

相手の予定に合わせる

キープされる人は、相手の予定に合わせ、相手の言いなりになり、相手の気持ちを優先する傾向があります。

このような行動をとることで、相手は自分が都合のいい存在だと感じ、キープ状態が続くのです。

例えば、相手がデートの予定を突然決めても、嫌な顔をせずに合わせます。

また、相手が何かを要求しても、断らずに応えてしまいます。

相手の言いなりになる

キープされる人は、相手の言いなりになることで、相手に好かれたいと思っています。

しかし、相手は自分の都合を押し付けているだけなのです。

例えば、相手の好きな場所に行きたいと言われれば、自分は行きたくない場所でも無理に行きます。

また、相手の好きなものを食べたいと言われれば、自分は食べたくないものでも無理に食べます。

相手の気持ちを優先する

キープされる人は、相手の気持ちを優先することで、相手を大切にしているつもりです。

しかし、相手は自分の気持ちを無視されていると感じているのです。

例えば、相手が仕事で忙しいときには、自分の用事を後回しにして、相手に尽くそうとします。

また、相手が他の人と遊んでいるときには、寂しい気持ちを我慢して、相手を待っています。

恋愛でキープされる人にならないための方法

キープされる人にならないための方法

キープされる人にならないためには、以下のことに気をつけましょう。

自分の気持ちを大切にする

キープされる人は、自分の気持ちを後回しにしてしまう傾向があります。

そのため、まずは自分の気持ちを大切にすることが大切です。

例えば、デートの予定を決めるときには、相手の意見を尊重しつつ、自分の意見もしっかりと伝えましょう。

また、自分の誕生日や記念日には、相手に何かをしてもらわなくても、自分を大切にしてくれる相手を大切にしましょう。

相手の気持ちに振り回されない

キープされる人は、相手の気持ちに振り回されやすい傾向があります。

そのため、相手の気持ちに振り回されないようにすることが大切です。

例えば、相手の予定に合わせるときには、自分の都合も考慮して、無理のない範囲で合わせるようにしましょう。

また、相手の言いなりになるのではなく、自分の意見もしっかりと伝えるようにしましょう。

自己肯定感を高める

自己肯定感が低い人は、相手に愛される価値がないと思い込んでしまいます。

そのため、自己肯定感を高めることで、相手に愛される価値があると思えるようになるのです。

例えば、自分の好きなことや得意なことを積極的にやってみましょう。

また、自分の良いところを見つけて、それを大切にするようにしましょう。

キープされる状態は、長く続くと心身ともに疲弊してしまいます。

また、キープされていることに気づかずにいると、いつまでも本命になれないまま、時間と労力を無駄にしてしまうことになります。

キープされる状態に陥らないためにも、自分の特徴や行動を振り返り、キープされる人にならないための対策をしっかりと行いましょう。

恋愛でキープされる人は自分の意志を持って行動しよう

恋愛でキープされる人は自分の意志を持って行動しよう

恋愛において、キープとは、本命ではない相手を都合よく利用することを指します。

キープされる人は、相手の気持ちを察しすぎたり、相手に尽くしすぎたり、自己肯定感が低い傾向があります。

キープされる状態は、心身ともに疲弊し、自信を失う原因にもなります。

キープされる人にならないためには、自分の気持ちを大切にし、相手の気持ちに振り回されないようにすることが大切です。

また、自己肯定感を高めることで、自分を大切にしてくれる相手と出会える可能性が高まります。

そして、恋愛における自己肯定感は、たくさんの異性と接点を持つことで高まる傾向にあります。

そのため、たくさんの異性と接点を持てるマッチングアプリの「ペアーズ」を始め、まずは失った自信を取り戻すところから始めましょう!

\登録者数2,000万人超え!国内最多のアプリ/

この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1600年生まれの恋するさむらい。
20歳にちぎりを交わしていた彼女を上流階級の武士に取られていとかなしき。
悔しき思いを晴らすべく、衣服・ちょんまげヘアセット・奥ゆかしき女性の気持ちを学び申す。
400年経った今、7人の奥様と過ごせるようになった秘訣を教ふ。

コメント

コメントする

目次