復縁を親が反対したときの対処法とは?相手とよりを戻す方法を解説

本ページにはプロモーションが含まれています
復縁を家族に反対されたときの対処法とは?相手とよりを戻す方法を解説

「復縁を親に反対されたらどうしたら良い?」

「親の反対を無視して復縁したらどうなる?」

別れた後でも、お互いに気持ちがあり復縁したいと考える方は多いです。しかし、親に相談しても反対されるばかりで、相談できる相手がいないという方もいるでしょう。

本記事では、親に復縁を反対された場合の対処法と無視したらどうなるかを解説していきます。親に反対されて復縁ができないという方は参考にしてください。

マリッシュ
  • 運営会社:株式会社マリッシュ
  • 再婚に強いマッチングアプリ
  • 再婚希望者への優遇制度あり
  • 真剣な出会いを望む人が多い
  • 利用者層は20〜50代と幅広い
  • 3ヶ月以内に成婚している実績多数
  • 身バレ防止機能あり
会員数年齢層目的
300万人以上20代〜50代真剣な交際や婚活
月額料金
男性:3,400円/月〜  女性:無料
\再婚にも強いマッチングアプリ/
目次

復縁に対して親が反対する理由

復縁に対して家族が反対する理由

家族が復縁を反対する理由は、大きく分けて以下の3つです。

相手の人柄や職業、学歴、経済状況など、相手に対する不安


親が復縁に反対する理由として、「相手の人柄や職業、学歴、経済状況など、相手に対する不安」は、最もよくあるものです。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 相手の人柄が、あなたの性格や価値観に合っていないのではないか
  • 相手の職業や学歴が、あなたの将来や幸せにマイナスの影響を与えるのではないか
  • 相手の経済状況が、あなたの生活を苦しくするのではないか

例えば、相手の人柄が自己中心的で、周囲の人への思いやりが欠けている場合、親はあなたの将来を心配するでしょう。

また、相手の職業が安定していない場合や、学歴が低い場合も、親はあなたの将来に不安を抱くかもしれません。さらに、相手の経済状況があまり良くない場合は、結婚や出産などのライフイベントを実現するのが難しくなると、親は心配するでしょう。

このような親の不安を解消するためには、まず、相手の人柄や職業、学歴、経済状況について、家族に詳しく話すことが大切です。

相手の良いところだけでなく、悪いところも正直に伝えることで、家族はあなたの目線で相手のことを理解しやすくなります。

また、別れた理由や、復縁したいと思う理由を、家族にきちんと説明することも重要です。あなたの気持ちがどれだけ強いのかを伝えることで、家族もあなたの決意を理解してくれるでしょう。

さらに、将来、結婚や出産などの具体的なビジョンを、家族に示すことも効果的です。

あなたが相手のことをどれだけ大切に思っているのか、そして、一緒に幸せな家庭を築きたいと思っているのかを伝えることで、家族も復縁を応援してくれるようになるかもしれません。

あなたの将来や幸せに対する心配


親が復縁に反対する理由として、「あなたの将来や幸せに対する心配」は、最もよくある理由の一つです。

親は、あなたのことを誰よりも大切に思っているからこそ、あなたの将来や幸せを第一に考えます。そのため、あなたが相手と復縁することで、将来や幸せが損なわれるのではないかと心配しているのです。

まずは、親がなぜそのような心配をするのかを理解することが大切です。親の考えや価値観をよく理解することで、親の不安や心配に応えるような具体的な説明や提案をすることができます。

また、家族と話し合う前に、自分でも相手との関係について、よく考えてみましょう。相手との間に、本当に問題が解決されているのかどうか、もう一度よく確かめてみてください。

親の反対を乗り越えるためには、親の不安や心配を解消し、あなたの気持ちを伝えることが大切です。しかし、親の考えや価値観を無理に変えることは難しいです。そのため、親の反対を完全に取り消すことは難しい場合もあります。

自分の考えや価値観との違い

親が復縁に反対する理由として、「自分の考えや価値観との違い」が挙げられます。

親は、子供の幸せを第一に考えます。そのため、子供と相手の考えや価値観が大きく異なっていると、将来の生活や子供の幸せを不安に思うことがあります。

例えば、親が保守的な考え方を持っているのに、相手が自由奔放な考え方を持っている場合、親は子供が苦労するのではないかと心配するでしょう。

また、親が宗教や政治に熱心なのに、相手がそれらに興味を持っていない場合、親は子供が宗教や政治の違いで苦労するのではないかと心配するでしょう。

また、親は、子供と相手の考えや価値観が異なっていると、子供と折り合いがつかず、家庭不和になるのではないかと心配することもあります。

例えば、親が子供に結婚相手に望む条件として、学歴や収入、職業などを挙げているのに、相手がその条件を満たしていない場合、親は子供が相手と折り合いをつけられず、離婚するのではないかと心配するでしょう。

復縁に悪いイメージがある

別れた原因が解決されていないまま復縁すると、また同じ結果になってしまう可能性があります。そのため、復縁を望む人は、別れた原因をきちんと理解し、解決する必要があります。

  • 相手に未練がある

相手に未練があるまま復縁すると、相手に依存してしまい、自分自身の成長が妨げられてしまう可能性があります。そのため、復縁を望む人は、相手に未練があるかどうかを冷静に判断する必要があります。

  • 復縁が失敗すると、傷つく

復縁が失敗すると、相手との関係が悪化するだけでなく、自分の心にも傷を負う可能性があります。そのため、復縁を望む人は、復縁が失敗したときのことを想定し、覚悟を決めておく必要があります。

また、復縁を親が反対する理由として、以下のようなことも考えられます。

  • 相手との結婚を心配している

親は、子どもが幸せな家庭を築くことを願っています。そのため、相手との結婚を心配して復縁に反対することがあります。

  • 子どもが傷つくのではないかと心配している

復縁が失敗して子どもが傷つくのではないかと心配して、親が復縁に反対することもあります。

これらの理由から、復縁には悪いイメージが付きまとっているのです。

親が経験した復縁と同じだから

親が経験した復縁と同じだから、という理由で復縁を反対されるケースがあります。

親が経験した復縁がうまくいかなかった場合、親は子どもの復縁にも同じような結果になるのではないかと心配します。また、親自身が復縁で傷ついた経験がある場合、子どもにも同じような苦しみを味わってほしくないと考えることもあります。

このような場合、親の反対を乗り越えて復縁するには、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 親の経験と自分の状況を比較する

親が経験した復縁と自分の状況は、必ずしも同じとは限りません。親の復縁がうまくいかなかった原因を分析し、自分の場合はその原因を解決できるかどうかを検討しましょう。

  • 親に自分の決意を示す

親に、自分の決意を示すことは、復縁を成功させるためにも大切です。親に、相手との復縁を強く望んでいること、そして、そのために何をするつもりなのかを伝えましょう。

  • 親に相手を紹介する

親に相手を紹介することで、親の印象を良くすることもできます。相手と会って話をすることで、親も相手を理解し、復縁を受け入れやすくなるかもしれません。

  • 親に信頼される存在になる

親に信頼される存在になることも、復縁を成功させるためのポイントです。親に信頼されるためには、以下のようなことを心がけましょう。

別れた時から何も変わっていない

「別れた時と変わっていない」とは、別れた当時の性格や行動、価値観などが、復縁後も変わっていないこと、という意味です。

復縁を親が反対する理由の1つに、「別れた原因がまだ解決されていないと思っている」というものがあります。この場合、別れた時と変わらない性格や行動などが、原因となっていた可能性があります。

例えば、別れた原因が「浮気」だった場合、相手は浮気を繰り返す可能性があります。また、別れた原因が「金銭感覚の違い」だった場合、相手は金銭感覚が変わっていなかったり、むしろ悪化していたりする可能性があります。

このように、別れた時と変わらない相手と復縁しても、また同じ結果になってしまう可能性は十分にあります。

親が元彼を知らない

親が復縁に反対する理由として、「元彼を知らない」という理由が挙げられます。親は、子どもが付き合っている相手がどのような人物なのかを知り、子どもの幸せを守るために、その相手をよく理解したいと考えているのです。

では、親が元彼を知らない場合、具体的にどのような懸念があるのでしょうか。

  • 元彼の性格や人柄がよくわからない
  • 元彼の家庭環境や経済状況がよくわからない
  • 元彼の将来性や結婚観がよくわからない

親は、子どもが付き合っている相手が、誠実で優しく、将来性のある相手であってほしいと願っています。しかし、元彼を知らない場合、これらのことがよくわからず、子どもの幸せが本当に守られるのか不安になるのです。

また、親は、元彼が子どもを傷つけるのではないかとも心配しています。別れた原因が、元彼の浮気や暴力など、子どもを傷つけるようなことであれば、復縁してもまた同じ結果になってしまう可能性があります。

そのため、親は、元彼をよく理解した上で、復縁を認めたいと考えるのです。

親の反対を無視するとどうなる?

親の反対を無視するとどうなる?

恋人と別れ、復縁をしたいと思ったとき、親の反対に遭うことがあります。親は、子どもの幸せを第一に考えているため、復縁が子どもにとって本当に幸せなのかを心配して反対するのです。

しかし、親の反対を無視して復縁を強行すると、以下のようなデメリットが生じる可能性があります。

定期的に相手について質問される

親が定期的に相手について質問してくるのは、以下の目的があると考えられます。

  • 相手が子どもにとって良い相手かどうかを判断するため
  • 子どもが相手との関係を真剣に考えているかどうかを確かめるため
  • 子どもの考えや気持ちを知るため

親は、子どもが幸せになることを願っています。そのため、復縁相手が子どもにとって良い相手かどうかを判断するために、定期的に質問してくるのです。

また、親は、子どもが相手との関係を真剣に考えているかどうかも確かめたいと考えます。復縁相手との関係を真剣に考えているのであれば、親の質問に真摯に答えてくれるはずです。

さらに、親は、子どもの考えや気持ちを知りたいとも考えています。子どもが相手との関係をどのように考えているのかを知ることで、親は子どもをより理解することができます。

親がどうにかして引き離そうとする

親が、復縁相手が子どもにとって良い相手ではないと判断した場合、どうにかして引き離そうとします。親は、子どもの幸せを願っているからこそ、そのような行動に出るのです。

親が引き離そうとする具体的な手段としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 子どもに復縁相手との交際を禁止する
  • 子どもに復縁相手と会わないように仕向ける
  • 復縁相手の悪口を言う
  • 復縁相手に直接嫌がらせをする

親が引き離そうとする理由

親が引き離そうとする理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 復縁相手が子どもを傷つけるのではないかと心配している
  • 復縁相手が子どもの幸せを妨げるのではないかと心配している
  • 復縁相手が子どもとの結婚を望んでいるのではないかと心配している

他人に相談して助けを求める

親は、子どもが幸せになることを願っています。そのため、復縁相手が子どもにとって良い相手ではないと判断した場合、親は子どもを守るために何らかの行動を起こしたくなるのです。

また、親一人でどうしたらいいかわからない場合、第三者の意見を聞きたいと考えます。親戚や友人、カウンセラーなどに相談することで、新たな視点や解決策を得ることができるのです。

親が他人に相談して助けを求めた場合、子どもはどのように対処すればよいのでしょうか。

まずは、親の相談内容をよく聞いて、親の考えを理解することが大切です。親の考えを理解することで、親の気持ちに寄り添うことができます。

また、親の相談内容に反論したり、親を否定したりすることは避けましょう。親は、子どもを守るために相談しているのです。親の考えを尊重しながら、自分の考えを丁寧に伝えましょう。

さらに、親が相談した相手と直接話をする機会があれば、自分の考えを直接伝えることも大切です。親と相談した相手が、子どもの立場を理解し、協力してくれる可能性もあります。

親が他人に相談して助けを求めた場合、子どもは焦らず、冷静に対応することが大切です。親の考えを理解し、親と協力することで、復縁を成功させることができるでしょう。

親の反対を乗り越えるためには

家族の反対を乗り越えるためには

親の反対を乗り越えるためには、まず、親がなぜ反対するのかを理解することが大切です。親の不安や心配を解消し、あなたの気持ちを伝えることで、理解してもらいやすくなります。

具体的には、以下の方法が考えられます。

相手の人柄や職業、学歴、経済状況などについて、家族に詳しく話す

親が復縁に反対する理由として、「相手の人柄や職業、学歴、経済状況などについて、家族に詳しく話す」ことが効果的な理由は、以下のとおりです。

親は、あなたの幸せを第一に考えています。そのため、相手の人柄や職業、学歴、経済状況などについて詳しく知ることで、相手があなたの幸せを担保してくれる人なのかを判断することができます。

相手の人柄や職業、学歴、経済状況などについて詳しく話すことで、あなたが相手のことをよく理解していることを示すことができ、家族の信頼を得やすくなります。

相手の性格や価値観について話すことで、相手の人間性や考え方を理解してもらいやすくなります。仕事や将来の展望について話すことで、相手の将来性や安定性をアピールできます。

相手の家族や友人との関係について話すことで、相手の人間関係や社会性を確認してもらえます。相手の経済状況について話すことで、相手の経済力や収入をアピールできます。

客観的な事実に基づいて話すことで、家族に信頼してもらえるようになります。相手の良いところだけでなく、悪いところも含めて話すことで、家族に相手のことをより深く理解してもらえます。

自分の主観や感情を交えずに話すことで、家族の判断を誤らせないようにしましょう。

別れた理由や、復縁したいと思う理由を、家族にきちんと説明する

親が復縁に反対する理由として、「別れた理由や、復縁したいと思う理由を、家族にきちんと説明する」ことはとても重要です。

別れた理由をきちんと説明することで、親はあなたが相手のことをよく理解し、真剣に考えていることがわかります。

また、復縁したいと思う理由をきちんと説明することで、親はあなたが相手のことを本当に好きで、将来を一緒に考えていっていることがわかります。

別れた理由を説明するときは、感情的にならず、冷静に話しましょう。また、相手の悪いところだけでなく、良いところも一緒に伝えるようにしましょう。

復縁したいと思う理由を説明するときは、具体的なエピソードや気持ちを伝えるようにしましょう。

また、あなたが相手のことをどのように支えていきたいのか、未来のビジョンも一緒に伝えましょう。

復縁を反対している理由を聞く

まずは、親がなぜ復縁に反対しているのかを理解することが大切です。親の反対の理由がわかれば、それに対する説得材料を探しやすくなります。

親に復縁を反対している理由を聞くときは、以下の点に注意しましょう。

  • 親の話をよく聞く
  • 親の意見を否定しない
  • 自分の考えを丁寧に伝える

親の話をよく聞くことで、親の考えを理解することができます。また、親の意見を否定せず、まずは親の話をよく聞くことで、親も話し合いに前向きになってくれます。

自分の考えを丁寧に伝えることで、親もあなたの考えを理解しやすくなります。また、自分の考えを明確にすることで、親も納得しやすくなります。

もう一度チャンスが欲しいと頼み込む

親が復縁を反対している理由を理解したら、もう一度チャンスが欲しいと頼み込みましょう。親に、相手との復縁を強く望んでいること、そして、そのために何をするつもりなのかを伝えましょう。

具体的には、以下の点を親に伝えるとよいでしょう。

  • 相手との復縁を望む理由
  • 復縁するために何をするつもりなのか
  • 復縁することで、子ども自身がどう変わるのか

親に自分の決意を示すことで、親も復縁を真剣に考えるようになります。

元彼と会わせて話し合いをする

親が復縁に反対している理由のひとつとして、「元彼のことをよく知らない」ということがあります。そのため、親に元彼と会わせて話し合いをしてもらうのもひとつの方法です。

元彼と会って話をすることで、親も元彼を理解し、復縁を受け入れやすくなるかもしれません。

元彼と会わせるときは、親に好印象を与えるように、相手の良いところをアピールしましょう。また、親の質問に答えられるように、元彼との関係をよく把握しておきましょう。

別れた問題を解決していることを説明する

別れた原因がまだ解決されていない場合、復縁してもまた同じ結果になってしまう可能性があります。そのため、別れた原因を解決していることを親に説明しましょう。

具体的には、以下の点を親に伝えるとよいでしょう。

  • 別れた原因
  • 原因を解決するために何をしたのか
  • 原因が解決されたことで、関係はどのように変わったのか

別れた原因を解決していることを説明することで、親も復縁に前向きになってくれるでしょう。

今の自分が彼氏とどうなりたいかを話す

親は、子どもが幸せになることを願っています。そのため、今の自分が彼氏とどうなりたいかを親に話しましょう。

具体的には、以下の点を親に伝えるとよいでしょう。

  • 彼氏と結婚したいと思っているのか
  • 彼氏と子どもを持ちたいと思っているのか
  • 彼氏とどんな人生を送りたいのか

今の自分が彼氏とどうなりたいかを話すことで、親も復縁を応援してくれるようになるでしょう。

家族の反対を解決して復縁する方法

相手とよりを戻す方法

家族の反対を乗り越えたら、あとは相手とよりを戻す方法を考えましょう。

相手と直接話し合い、復縁を申し込む


親が復縁に反対する理由として、「相手と直接話し合い、復縁を申し込む」ということがあります。

親は、あなたのことを誰よりも大切に思っているからこそ、復縁に反対するのです。あなたが相手との関係を再構築するために、どのような努力をしているのか、直接話し合って確認したいと考えているのです。

また、親は、あなたが相手と直接話し合うことで、相手に対する気持ちや覚悟を確かめたいと考えているのです。

話し合いの中で、親の不安や心配を解消することができれば、親も復縁を受け入れてくれる可能性が高くなります。

話し合いがうまくいかなかった場合でも、諦めずに、親との関係を築き直すことを心がけましょう。

親との関係が良好であれば、親も復縁を受け入れてくれる可能性が高くなります。

相手に手紙やメールで、復縁したいという気持ちを伝える

親が復縁に反対する理由として、「相手に手紙やメールで、復縁したいという気持ちを伝える」ということがあります。

親は、あなたが相手と直接話し合い、その場で復縁を申し込むことを望んでいる可能性があります。

手紙やメールで復縁の気持ちを伝えるということは、相手と直接向き合うことを避けているように見えるため、親の不安や心配を助長してしまうのです。

また、手紙やメールで復縁の気持ちを伝えることは、相手にとっても、あなたの本気度を測りづらく、復縁に前向きになりにくいというデメリットがあります。

また、手紙やメールを送った後は、すぐに相手と直接会って話し合うことをおすすめします。手紙やメールで伝えた気持ちを伝え、復縁の意思を改めて伝えましょう。

なお、親が復縁に反対する理由は、人によってさまざまです。もし、親の反対の理由がわからない場合は、直接聞いてみるのも一つの方法です。

相手にプレゼントやサプライズを用意して、気持ちを伝える

親が復縁に反対する理由として、「相手にプレゼントやサプライズを用意して、気持ちを伝える」のは、以下の2つの理由が考えられます。

  1. 相手の経済状況や金銭感覚を心配する
  2. 相手に甘やかしているように見える

プレゼントやサプライズは、相手への愛情や感謝の気持ちを伝える手段として有効です。しかし、親から見ると、相手に経済的な負担をかけたり、甘やかしたりしているように見える可能性があります。

例えば、高価なプレゼントを贈ったり、頻繁にサプライズを仕掛けたりすると、親は「相手はお金に困っているのではないか」「自分の娘や息子を養うことができないのではないか」と心配するかもしれません。

また、相手に甘やかすことで、自分の娘や息子が将来苦労するのではないかとも考えます。

そのため、プレゼントやサプライズを贈る際には、親の反対を招かないように注意が必要です。以下の点に気をつけて贈るようにしましょう。

例えば、相手の経済状況があまり良くない場合は、手作りのプレゼントや、相手の好きなものを食べに行ったりするのも一つの方法です。

また、頻繁に贈りすぎてしまうと、親に「またか」と思われてしまうかもしれません。そのため、特別な日に贈るようにしましょう。

そして、相手の好きなものを選ぶことで、相手に喜んでもらえる可能性が高くなります。また、プレゼントやサプライズを贈る際には、親に報告することも大切です。

復縁に対する家族からの反対を解決する方法

復縁に対する家族からの反対を解決する方法

復縁を家族に反対されたときは、まずは家族の反対の理由を理解し、不安や心配を解消することが大切です。また、自分でも相手との関係について、よく考えてみましょう。そして、家族の反対を乗り越えたら、相手と直接話し合い、復縁を申し込んでみてください。

復縁は、簡単なことではありません。しかし、諦めずに努力すれば、必ずチャンスは訪れます。自分の気持ちを大切に、相手とよりを戻すための努力を続けてください。

この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1600年生まれの恋するさむらい。
20歳にちぎりを交わしていた彼女を上流階級の武士に取られていとかなしき。
悔しき思いを晴らすべく、衣服・ちょんまげヘアセット・奥ゆかしき女性の気持ちを学び申す。
400年経った今、7人の奥様と過ごせるようになった秘訣を教ふ。

コメント

コメントする

目次